top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

【参考記事】リゾート会員権はなぜ負担になってきたのか?

私(大澤)が弁護士になったとき、さる高名な弁護士の事務所に入りました。

その先生から《大澤君、今度、白浜のマンションに泊まりに行こうか》と誘われ、4~5回ほど、連れて行ってもらったことがあります。

駅からタクシーでそのマンションについたとき、その都度、玄関には支配人が待っており《S先生、いつもありがとうございます》と深々とお辞儀していたのを憶えています。

あの時の先生のものすごく満足そうな顔をしていました。

マンションと言っても、毎回、泊まる部屋が違いましたので、リゾート会員制のマンションだったのでしょう。

それが、今は、会員の方の重荷になっているのはなぜでしょうか?


《海辺のお城のような建物がリゾートマンションだった》

私(大澤)が弁護士になったのは昭和50年ですが、その当時、和風の旅館はあっても、ホテルの数は多くありませんでした。

詳しい場所は忘れましたが、弁護士になったころ日本海に行ったとき、海辺に面してお城のような白い建物が目に入りました。

《あんなところに泊まりたいなぁ》と思ったので、後で調べるとそこはリゾートマンションでした。


《有名観光地に続々と新しいホテルが建築されてきた》

ところが、日本が豊かになるにつれ、有名観光地には立派なホテルが続々と新築されていき」ました。

同じホテルより、各地のいろんなホテルに泊まる方がおもしろいという人も出てきます。

毎年同じところに行きたい人もおれば、違ったところを訪ねたいという人もいます。

私などは、毎年異なったところに行きたいタイプです。


《経営環境の違いがサービスに影響》

リゾートホテルは毎年、会員から数万円の会費を納めてもらい、固定資産税も負担してもらいますので、宿泊が少なくても収入があり、経費も少なくて経営ができます。

サービスが悪くても、安定した収入があると、必然的(?)にサービスの質が低下します。一方で、通常のホテルは、宿泊客が来ない限り、1円の収入もないため、必死になって顧客を満足させる経営努力をしていかざるをえません。

心血を注いで経営努力をし、サービスの質を高めていきます。

他のホテルを利用した会員が、リゾートホテルのサービスに不満を抱くこともあったかもしれません。


《経営安定のために一般客の受け入れをすると・・》

このような状況の中で、会員がリゾートホテルを利用せず、また会費を滞納する人も増えると。リゾートホテルとしては会員だけの宿泊では経営ができず、一般(非会員)のお客さんも泊めるようになります。

ここまでくると、会員だからという優遇されることも少なくなり、会員の満足感が減る⇒会員のホテル利用が少なくなるという悪循環に陥ります。

一時は、ステータスシンボルともなっていた《リゾート会員権》はこのような経過をたどって、会員の方のお荷物になっていったのです。


閲覧数:198回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

Comments


bottom of page