top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑦

【あの時の会員たちはどうなったのか】

私がリゾートホテル会社の管財人をしたのは2009年、

あれから約15年が経過した。

今、その会員の多くが、世代交代の時期を迎えている。

彼らは退会できたのだろうか?

あるいは、今も会費などを払い続けているのだろうか。

リゾートホテル会員権の相談に来られる方の多くが、

《子どもにこの債務を引き継がせてたくはない》と話しておられる。

一旦入ったら、抜け出せない、

今はまるで蟻地獄のようなと表現した会員もいた。

昔は輝いていたリゾートホテルだった。

年老いた会員は、

今、どのような思いでリゾートホテルを眺めているのだろうか。



閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

コメント


bottom of page