top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情④

【白くきれいな強羅のホテル、これなら来てみたい!】

箱根の強羅のホテルも確認に行った。

箱根鉄道に乗った。

もう10月というのに、線路際にはアジサイが咲いていた。

《強羅》の駅から歩いて5分ほど、

ホテルは坂を下ったところにあった。

白く新しく、陽当たりもよい。

デザインもしゃれている。

《ここ、泊まってみたいな!》と思わせるものがあった。

このホテルの壁に日本画家片岡球子の絵が飾られていると聞いていた。

その絵を売却したいと考えていた。

値段査定のために、知り合いの美術商を同行した。

が、球子の絵はどこにもなかった。

何者が、いつ、どこに持ち去ったのか。

誰に聞いても答えは返ってこなかった。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

Comments


bottom of page