top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

内からみたリゾートホテルの実情①

更新日:3月19日




【リゾートホテルの破産管財人に就任】

※破産管財人とは:会社などが破産申立をしたときに、裁判所から破産会社の財産整理をするために選任されるのが破産管財人です。

平成21年の12月、歳の暮れも押し迫ったころ、裁判官から1本の電話がかかってきた。

《大澤先生、リゾートホテル会社の破産申立がありました。

破産管財人をお願いできませんか》

説明を聞くと、総債務81億円、関連会社を含め計5社がまとめて破産申し立てをしたという。

その会社、一時は全国2位の営業実績を上げたリゾートホテル運営会社であり、箱根と有馬にホテルを持っているという。

どんなホテルなんだろう?

どうして破産したのだろう??

《おもしろそうじゃないか!》と思い、喜んで引き受けた。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

Comments


bottom of page