top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

リゾートホテルが輝いていた時代があった ④

更新日:2月20日




《途中で近大ハマチを買って》

梅田のグランフロントに、近畿大学の養殖マグロを食べさせる店があるという。

佐々木先生と白浜に行ったとき、マンションへ行く途中に近大の養魚試験場があった。

そこで養殖ハマチを買い、晩に刺身などにして食べたことがあった。

若いころだったから、新鮮なハマチを腹いっぱい、食べた記憶がある。

昼は白良浜で泳ぎ、夜は満腹、そして花火を見て、寝る。

あの頃は30代前後で、そういうにはかなり年齢的に無理があるかもしれないが、自分の記憶の中では《青春の一コマ》になっている。

リゾートホテルでの記憶が、子供たちとの楽しい一部になっている人も多いのではなかろうか。

あの頃のリゾートホテルは本当に値打ちがあった。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

Commenti


bottom of page