top of page
  • 執筆者の写真大澤龍司

リゾートホテルが輝いていた時代があった ②

更新日:2月19日




《佐々木先生の得意な顔が今でも眼に浮かぶ》

「大澤君、白浜のマンションに行くか?」

と事務所のボス弁佐々木先生から声がかかった。

弁護士5年目、昭和55年ころだった。

白浜駅からタクシーでマンションに直行。

予め連絡をしていたのだろうか、

マンションの玄関には白いタキシードの支配人が待っていた。

タクシーから降りたとき、支配人が深々と頭を下げた。

「佐々木先生、いつもお越しいただき本当にありがとうございます」

その時、佐々木先生は本当に誇らしそうな顔をしていた。

一緒にいた私まで本当にいい気持だった。

その後、数回、連れて行ってもらったが、

その都度、部屋が変わったので、リゾートマンションだったのだろう。

あの頃のリゾートマンションは本当に値打ちがあった。

去年、白浜に行ったが、そのマンションは今でも残っていた。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑥

【この会員権、どうにかできませんか?】 電話で不満を述べた後、会員のかなりの人から、 《退会したいのですが・・》という申し出があった。 管財人は、ホテルを高く売る必要がある。 債権者への配当財源が増得るからである。 そのため、ホテルを単なる不動産としてではなく、 会員つきの形で売却する方がよい。 毎年、会費や固定資産税を支払う人が多くいれば、 ホテルの値打ちが上がる。 しかし、会員の《退会したい》

破産管財人が見た! リゾートホテルの実情⑤

【会員はこんなあところが不満だった】 会社の財産を売却し、お金が集まれば債権者に配当する。 それが管財人の役割だ。 会員も債権者である。 会員から数多くの電話をもらった。 そのほとんどが不満だった。 《料理が年々、悪くなってきた》、 《会員でない人の方が宿泊料金が安い!》 《設備が古く、ホテル全体がうす汚い》 毎年、会費を払い、固定資産税を支払うのに、 優遇されていない。 その上に、破産になったの

Comments


bottom of page